The PILOT 2011 – ザ・パイロット 2011

今年も発売されましたね。
この本。

THE PILOT 2011 イカロス出版

THE PILOT 2011 イカロス出版


パイロットになりたい人や憧れている人はだいたい買ってるんじゃないかな?、、え?買ってない?、、、( ̄ー ̄)そゆやつは死刑!
(失礼、、軽く流してくださいm(_ _)m)
少なくとも立ち読み位した事あるでしょ?
今年のには私の初代師匠 塩見敬之 さんが「アメリカで活躍するビジネスジェット機長」として4ページに渡って紹介されています。
アメリカで活躍するビジネスジェット機長

アメリカで活躍するビジネスジェット機長


おーかっこいい〜(^o^)/
この中では、渡米までの資金を作る話やライセンス取得の苦労、学校がつぶれた話、9.11でまたチャンスが遠のいたり、それでもあきらめずにチャンスをものにしたって話、英語はやっぱり大事だよ、、等々、結構なボリュームで紹介されています。
パイロットを目指している方々は大変参考になると思いますよ。
まぁ、詳細は紙面をご覧いただくとして、繰り返しになりますが、ここまでの道のりには並々ならないご苦労が有ったと思います。特に、アメリカの競争社会でここまで勝ち残ってきた訳ですので操縦だけではなく、法的な問題や色々な駆け引き、知力体力時の運、、、等々、色々な課題をクリアされてきたのだと思います。本当にお疲れさまです。
他にも同じ境遇の方々はみんな大変な苦労をされています。
ビジネスジェットもそうですが、メジャー(エアライン)に進まれた方もそう。

もちろん日本のエアラインや使用事業に進んだ同期たちも居ます。その人たちに共通するのは夢をあきらめないってことですね。あきらめずにその目標に向かって着実に前進していく訳です。
今だって、航空学生としてジェットファイターへの道を選ぶ若者も
私がこーしてへらへらブログなんぞやってるときにもみんな訓練・勉強にすべての時間を捧げている訳です。お世話になった女性教官が訓練中に「東京とか呑み代とかで何千円もぱーっと使っちゃうけど、そのお金で1時間フライト(訓練、時間が稼げる)が出来ると思うと勿体なくて使えない。」って話してましたけど、本当にそうだと思います。
え?何が言いたいんだって?
イヤイヤすいませんm(_ _)m
自分への反省と鼓舞を含めて難しい世の中ですけどこれからも皆さんがんばりましょうってことで。。

———-
プロパイロットの道は甘くないぞぉ〜

THE PILOT 2011 (イカロス・ムック)
イカロス出版 (2010-12-24)
売り上げランキング: 9888

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です