エアラインのユーモアセンス

ちょっと最近アクシデントが続き嫌な空気がありますので、あえて少し楽しい?お話を。

「An Airline With a Sense of Humor」
(エアラインのユーモアセンス)
と言う事で、知り合いのパイロット仲間からメールで送られてきたものです。
南アフリカのLCC(Low Cost Career:低コスト航空会社)「Kulula」https://www.kulula.com/ が機体の塗装を一新したそうです。なかなかユーモアと言うか、、、シリアスと言うか。。。
ワールドカップでご利用になった方々、、、居ないか?

…とにかく、まずはご覧あれ。

全体像はきれいな塗色の機体だな〜と言う印象。なんだか文字がいっぱい。。。
キャプテンじゃなくてでかいネズミだって^^;
ジャンプシート、ギャレーはここ。
エビオニクスはこっち〜
ここは翼で、エンジンナンバー1!…みたいなぁ。ブラックボックスはここ。。。ってきょーれつだな。墜ちたときにすぐ分かるってか??

副操縦士はこちら。
ノーズコーンの中には大きなお皿が入っているそうな。(レーダです)

ラダーだ、APUだ、ランディングギヤーだ。。。って結構勉強になったりして。。。

さらに、ノーズのアップ。
キャプテン!

コーキャプテン!

Kululaのファンはここに乗ってます!

Kululaエアラインでは、飛行中の安全のアナウンスにちょっとしたエンターテイメントを加えているそうです。。(ほんとの話しだそうな…^^;)

★ Kulula便では、、、好きな場所に座るそうで。。。CAさんがアナウンスします。
「お客様!ここのシートは外さないでください。他を捜してお座りください!」

★ また別の便では。。。かなりお年を召したCAさん乗務しており、パイロットのアナウンスでは。。。
「皆様、当機は巡航高度に達しました。客室のライトを消灯します。どうぞおくつろぎになり、もっと美人の客室乗務員をご想像ください」。。。orz

★ いよいよ着陸の最中。。。
「お客様の持ち物にご注意ください。お手を離されると盗られてしまいますよ。」

★「恋人と別れる方法は50あります。。がこの飛行機から降りる方法は4つだけです。」

★ 「Kulula をお選び頂きありがとうございます。私どもはお客様のご搭乗以上に私どもに仕事を与えて頂くことを願っております。」

★ ダーバン空港、着陸後の一こま。機内アナウンスが、、、
「おっ、大きなやつ。XXXXX」
掲載不能。。。

★ 嵐の中、カルー空港にちょっと荒っぽい着陸後、、
「頭上の荷物入れを空ける際にご注意ください。きっと中は何もかも大変な事になっています!」

★ 従業員から。。。
「ポートエリザベス行き271便にご搭乗頂きありがとうございます。シートベルトは金具を留め金に差し込み、ベルトをキツ〜く締めてください。方法が解らないあなたは教師になるべきではありません!」

★「機内の気圧が突然下がった場合、高度を下げます。叫ぶのをやめ、マスクをしてください。お子様連れの方は、ご自分が先にマスクをするように。たくさんの子連れの方は、お好きな子からどうぞ。」
(先にマスクをするのは正しい。。汗)

★「進路上に雲が有ろうと無かろうと、その雲が無くなる事を信じて突き進みます!」

★「お客様のシートクッションは浮きます。非常着水時にはそれらをお持ちください。」

★「飛行機からお降りの際にはお荷物を忘れないように。お忘れの際は、乗務員がいただきます。決して、お子様や配偶者をお忘れにならないように…」

★ 機長からのメッセージで、、、
「Kulula航空は、最高の客室乗務員の栄誉をいただきましたが、この便には乗っておりません。」

★ 255便にてケープタウンにハードランディング後のアナウンス。
「若干バウンドしましたが、これは航空会社のミスではなく、パイロットのミスでもなく、また客室乗務員のせいでもありません。アスファルトのせいなんです!」

★ ケープタウンへのフライト中。気流が悪く、あまりコンディションの良い日では有りませんでした。着陸時にはハードランディングのおまけ付きで、機内アナウンスでは、、、
「マザーシティへようこそ!どうぞ機長が機体から離れるまで、シートベルト着用の上、ご着席ください?!」

★ また、パーフェクトなランディングを決めたときには。。。
「るんるんのカンガルー機長が皆様をターミナルへお連れします!」

★ またまたハードランディングした機長曰く、、、
「社ではポリシーとして機長はお客様が機体を降りるまでにこやかに立ち、『ご搭乗ありがとうございました。』と挨拶しなければいけません。」
でも彼は、言っちゃったんです。
「ちょっとひどい着陸でしたが、これもお客様へのスマートな挨拶を考えていたからなんです。。。」

★ 杖をついたおばあさんが機長に、、、
「ちょっとお伺いしてよろしいかしら?」
機長は、
「どうぞ!どうぞ!なんでしょう?」
おばあさん、、
「あたしたちは着陸できたのかしら?それともあの世かしら?」

★ ヨハネスブルグへの最悪な着陸で、CAさんがアナウンス、、、
「お客様に申し上げます。どうぞ機長が機体を壊すまで、また乗務員が金切り声をあげている間はシートベルトをお締めください。また、タイヤから煙が出ようとも非常ベルが鳴ろうともドアが開くまではおとなしくしていてください。」

★ 客室乗務員が一言。。。
「本日のご搭乗、誠にありがとうございます。次回は、、きちんと与圧された機内にてフライトできるKulula航空をお選びください。」

★ 「お客様に申し上げます。おタバコが吸いたい場合、喫煙場所は翼の上になります。」

★ ダーバン空港を飛び立った機体。。。巡航高度にて機長がアナウンス。
「ご搭乗ありがとうございます。機長です。ようこそ293便に。この機はダーバンからケープタウンまでのノンストップ便です。天候は晴れ。この先スムースで何の問題もありません。どうぞ座席を倒し、おくつろぎくださ…わお!….おお!神よ!….」(しーん)
。。。で、しばらくしてから機長が再度、、、
「お客様、失礼いたしました。びっくりさせて申し訳有りません。フライトアテンダントが私の足にホットコーヒーをこぼしただけです。どうぞご安心ください。ご心配な方は私の足を見にいらっしゃってください。」
。。。と、ところが乗客は叫びました、、、
「そーんなの行かなくても分かるよ!私の背中も見に来なさい!」

ちゃんちゃん!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です