【緊急ニュース】米国電子 渡航認証システム(ESTA)の申請・登録について

。。。有料になるそうです。
(フリーミアム優勢の時代に、、、商売っけないなぁ)

米国税関・国境取締局(CBP)は、2010年9月8日より、ビザ免除プログラム(VWP:ビザウェーバープログラム)参加国の渡航者に対しESTA申請時の支払いを義務づける発表をしました。

まだESTA登録を お済みでない方、将来的に渡米予定のある方は米国大使館のサイトから、早めの手続きをお勧めします。
申請内容で任意項目の旅程と米国滞在先は入力不要。
加えて、登録後の認証コードの画面はプリントして保管し渡米時には持参してくださいね。

■詳細

米ESTAが9月に有料化、取得料は14米ドルに - 支払いはクレジットカードで

米国税関国境警備局(CBP)は、9月8日から電子渡航認証システム(ESTA)の取得を
有料化すると発表した。
「旅行促進法(TPA:Travel Promotion Act)」により、米国の旅行者増加や観光産業の発展をめざしてプロモーションするための費用にあてられる。当初は10米ドルの予定であったが、CBPがESTAのシステム維持費として4米ドルを追加し、取得のために必要な手数料は合計で14米ドルとなる。

手数料を徴収するのは、ESTAを新規取得する際と、パスポートを新しくした際など再申請する場合。例えば2年間の有効期間内に、登録情報を更新するだけの場合などは無料という。支払いはクレジットカードかデビットカードのみ受け付け、現在のところマスター
カード、ビザ、アメリカン・エキスプレス、ディスカバーの使用を認めている。

手数料は、米国を旅行デスティネーションとして海外にアピールするための費用とする。
米国の旅行業界が用意するプロモーション予算と同額を手数料収入から拠出するもので、今後5年間にわたって毎年最大で2億米ドルがプロモーションに投じられることになる。

※ 登録にあたり、旅券(パスポート)の残存有効期間が6ヶ月以上あるか再度ご確認下さい。

≪参考:米国大使館HPより。(2010年8月10日現在)≫

2010年9月8日よりESTA有料化(2010年8月9日)となります。
米国税関・国境取締局(CBP)は、2010年9月8日より、ビザ免除プログラム(VWP)参加国の渡航者に対しESTA申請時の支払いを義務づける発表をしました。
日本もVWP参加国です。
費用は$14。内訳は運営費$4および旅行促進法により徴収が決められた$10。
VWPにて渡米の認証を得る際、ESTAのシステム上で支払いが必要となります。


すごい海外旅行術 ガイドブックには絶対載っていない100+1の法則
青山 尚輝
講談社
売り上げランキング: 101927
おすすめ度の平均: 2.5

2 普通
2 うう〜ん・・・・・・
4 タイトルどおり、「すごい」と言っても過言ではないアドバイスがてんこ盛り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です