訓練に行こう!

え、まだ業者が決まっていない??

その場合、、
まとめ:フライトスクール選び
を参考にスクールを選びましょう。
ただここで重要な事は、できるだけ現地を見に行くという事です。
(かくいう私も見に行きました!現地まで!)

日本人向けのスクールの場合ですが、、、
・日本側と、現地側で言っている事は同じか?
・特にお金の精算や、明細に問題は無いか??なんてあたりです。
 >ただし、日本で見た見積もりと現地のフライトフィー(飛行にかかる費用)や、インストラクションフィー(教習費用)に違いがある場合には、その根拠を確認して納得いく内容かどうか判断すべきでしょう。そのスクールの考え方やシステムの違いで、現地掲示価格より高かったり低かったりという事はあるようです。でも、ちゃんと皆さんが安心して訓練できるようにそういう価格なのかもしれません。ただ、高い!って判断すると、良いスクール、良い教官を見逃しますよ。。。
・(日本人のサポートがメリットならば)本当にサポート体制はできているか?
・宿舎と空港との間のアクセスは大丈夫か?
 (この距離が遠い場合、送迎でかなり費用が無駄になったりしますね?)
などなど、、、で、できれば実際に教官の方について頂いて空を飛んでみましょう。
たまぁに居るんです。。。実際飛んでみたら乗り物酔いで全然飛べない、俺 / 私には向いてない、全然イメージと違った。。。etc。イヤ、ほんとなんです。いらっしゃい!って訓練しにきた当日、一発目でパターンやってその足で帰っちゃった人。。。スクール側だって色々準備してくれている訳で、そりゃ無いでしょ?って感じでした。自家用免許でもそれなりの費用がかかりますから、本当に始める前に試してみる事をお進めします。

飛ぶだけだったら日本国内だって、少ないなりにも日本中にジェネアビのコミュニティが存在します。そういう場所に顔を出して乗せてもらえないか聞いてみましょう。もちろん遊覧飛行だってOK。実際飛んでみてどんな感じか味わってみましょう。
「はぁあああ!!〜やっぱりこの世界は俺をまっていたんだぁぁぁぁ!!」と叫びたくなったらグッドです。
当てが無かったら相談してくださいね。

で、もうスクールが決まって後は現地に向かうだけの方ですが、以下の資料を用意しました。
渡航前に準備すること
何を持っていく?
現地についたら
訓練の流れ
9.11以降、海外渡航で面倒な手続きが増えています。
事前の周到な準備がストレスフリーにつながります。
飛行機乗りは何かと事前準備が必要です(笑)。今のうちにこの癖を身につけましょう。

という訳で、いろいろな費用例、条件などをFOXAEROを例にご紹介しました。

【アメリカ】FOXAERO Flight School Inc. / フォックスエアロ・フライトスクール

しかし、あくまでもこれは例です。FOXAEROにいらっしゃ〜いとは、言いません。
もしパイロットとしてキャリアを積んでいこうとするのなら、あなた自身が判断し、実行してください。

現場を見に行こう!

できれば実際に現場を見学をして決められるのが一番だと思います。私も決めるときは、1年前にアメリカまで行ってスクールの見学をしました。
また、スクールが決まれば免許が取れる、就職ができるという考えは捨て、自分のキャリアを磨くという一点で進んでください。

ただ〜し!!!

繰り返しますが、やはりプロを目指すなら、まず!第一に自社養成、航空大学校、航空学生などの正規手順に死ぬ気でチャレンジしましょう!一度しかない人生です!やり直しはきかないと思って、自分にこれらのチャンスがあるのならばそれに向かうべきです。他の選択肢は無いと思いましょう。
それがだめだったら、もうあきらめるくらいの覚悟で挑んでください。