テストフライト:セスナ・サイテーション ジェット – Cessna Citation SII 550 Maintenance Test flight

7月27日飛行日誌
機種:Cessna Citation SII (550)
飛行目的:保守点検後のテストフライト
離陸飛行場:Orlando International Florida USA
飛行タイプ:IFR
Departure : MCCOY NINE DEPARTURE
離陸:18:14

サイテーション実機に乗るのはこれで2度目。
今回は前回とは違うタイプ。
Citation Bravoと Citation SIIコックピットパネル、計器類はEFIS、スイッチの位置が多少違うがサイテイションシリーズあまり変わらないので操作しやすい。

さて、エンジンスタートは前回のビデオをごらんいただこうか。



クリアランスを経てグランド、タワーと順調にこなし、離陸。
オーランド・デパーチャにコンタクト。
ATISはWHISKY- SAVANNAH(2文字!)でコンタクト、ドイツ訛りの英語になれていたせいかこちらの早口で上手く聞き取れない。

離陸時4000LBSの燃料積載。最初のコンタクト124.8、N578GG、36Lから離陸。

今回は保守点検の不良箇所の確認飛行。テストフライトである。

いきなりARM LIGHT ERROR(警告!軽微な問題)発生!

離陸時にオイルプレッシャー左右の差?左右のエンジンに差があるか?
エアースピード左右、キャプテン側、コパイ側差があるか確認差が出ている。
酸素計器の確認。以前コパイ側に問題があったが今回は問題なし。

離陸してからイニシャル高度は5000フィート。その後直ぐに8000フィート。

此の時点でコパイ側の計器にピッピッという発信音。かなりのDestruction。原因わからず。

16000にアサインされる。
コンタクトレーダ126.35。
この時点でオーランドに引き返す判断をする。
10000フィートに降下、速度は250KTS。降下8000フィート、直ぐに5000フィート、

今日はかなりこの時間(ローカルタイム19時)忙しく!
コントローラの女性の早口はまるで機関銃のように発してくる。が、感情、抑揚の無い一本調子、女性の声はいつもわかりやすくていい。ここで3000フィートにアサイン。Headingは340、36L、ILSクリアー。

右に旋回するが1時の方向にトラフィック。
Looking At,しばらくして確認、インサイト。
コントローラいわくどちらのトラフィック?
あれ!?という間に目の前に別の機体。忙しい!

最終進入ランウェイ36L。
VASIが全部白。高い!
そのまま進入、初めてランデングを任される。
エンジンはIDLEそのままの角度でランウェイに突き刺さる感じ。。。
この辺でフレヤーを。。。と、キャプテンいわくだめ!がまん!
フレヤーかけると未だ高度がある、そのまま失速させるわけに行かない、パワー入れてももう間に合わないとのこと。
突き刺さる感じで最後の最後で少しフレヤーをかける。
この感じはシミュレータで練習したときの感じとまったく同じ。
ここでシュミレータの良さを再認識。

疲れました!!!!


Bizjets: Executive Jets in Color
Bizjets: Executive Jets in Color
posted with amazlet at 10.07.29
Thomas Manser Rolf Kurz
Zenith Pr
売り上げランキング: 205661

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です