大利根 〜 南紀白浜 〜 名古屋 クロカン その1往路編

今日は、ご近所(笑)のパイパー(ターボ)アローさんと連れ立って南紀白浜までツーリングのレポートです。って、もう2ヶ月も経ってしまった…orz…
(色々と事情がありまして。。。)

【1日目】
心配されていた天気(秋雨前線)も太平洋高気圧のおかげで降りてこないようで、なんとか天気が持ちそうです。
ちなみに一緒にと言っても、いつものJA3612(セスナA150Lエアロバット)と同行するのは規則の速〜いJA3786(パイパーPA28Tターボアロー)です。
時速270キロは出るアローと150キロ程度のセスナです。機速が違いすぎますorz…
南紀白浜までは、およそ600キロ(320マイル)、アローは約2時間半ですが、セスナは4時間弱。。。
セスナの航続距離は約4時間半なので、有視界飛行30分のリザーブ時間を入れても飛べるじゃん!と思ってはいけません。


向かい風が強ければアウトです。。。と言う訳で、3612君は必ず給油するのが基本です。
大利根飛行場へ着いたときには機速の遅いJA3612君はすでにオーナーちどりさんと、クラブ員ゲンちゃんで飛び立った後。
途中給油ですから全工程時間は。。。うーむ。。。
でもそこが楽しいのがセスナのいいところです。

話では、初島で給油するとの事でした。
なんだかすんごい雲!だったらしいですよ。

…切れ目を見つけて降りたそうです。
初島行きはそのうちレポートしたいと思います。

私は行きはターボアローにパッセンジャーとして載せて頂きました。らくちん (^o^)/ らくちん。
本日PICは仲間のMさん。
私は、のんびりおにぎりなどを食しつつ、iPadやらチャートなどを広げ遊覧モードです。
あ、ランチパックだった。。。
ランナップ(暖気運転)も終了し、つつがなく離陸です。
ターボ機のため、ランウェイでブレーキのままパワーを最大に。
ターボが効き始めたところで離陸滑走開始です。
ん〜渋い。。。

離陸後はすんなり上昇。
幕張あたりで東京湾の横断に入ります。
東京湾は700フィートで通過します。
東京湾の羽田34ファイナルと、木更津の管制避けるため、高度を落として海ほたるの上空を通過。(10月21日からこの辺りの空域=羽田が変わりますね。)
海ほたる上空通過中
東京湾を渡りきりここから一気に8500(西往き)まで上昇します。
鎌倉沖から富士山を望む
いやいや、エアロバット君とは上昇のパワーが違います。
ここからはほぼダイレクトに南紀白浜を目指します。
まるで、ラインの様なオペレーションですな。。。
相模湾。茅ヶ崎サザンビーチ、江ノ島沖合です。
(ちなみに江ノ島は藤沢市ですよ。)
小田原、熱海、富士山
さらに小田原から熱海越えです。
iPadのナビゲーションも順調です。
Suruga-wan Bay
計器、セットしてあるガーミンのGPSとも比較しましたが、特に問題なく表示を続けます。
GERMIN GPSmap495 vs iPad
GPS on the Piper Turbo Arrow

Instrument Panel on Piper Turbo Arrow

静岡空港を見ながら浜松基地沿岸を通過。
紀伊半島を目指します。
ANAが眼下をサウスバウンド。
離陸していきましたが。。。わかんないよねえ〜
Shizuoka Airport

ルートはダイレクトに南紀白浜空港を目指していますので、伊勢湾の南側を通過していきます。
Over view at Ise-wan Bay

名古屋空港の方が見えます。
(明日はエアロバット3612で名古屋へ給油に立ち寄ります。)

さぁ、紀伊半島が見えてきたら徐々に高度を下げ始めます。
Approaching Kii-Hanto Peninsula on iPad GPS

山脈と雲をさけながら南紀白浜空港をめざします。
紀伊半島横断中

南紀白浜空港にコンタクト。
Approaching to Nanki Shirahama Airport

着陸態勢〜無事着陸で〜す。

お疲れ様でした!
Nanki Shirahama Airport

温泉直行!
Hot Spring after flight.

夜は足湯に浸かりながらデ・ブリーフィングです。
Goto the de-briefing.
Footbath in the Pub.
パイロット仲間が集まると夜通し飛行機談義になるのは万国共通でしょうか??
Foot in the hot spring
でも、今日のフライトの反省よりは、日本の空は飛びにくいねぇ〜みたいな話がメインだったかなぁ。。。
いろいろ改善が望まれます。
やっぱり免許とったら飛行機乗りましょうよ!皆さん!
で、クロカン行きましょう!
これが醍醐味なんだろうなぁ〜

復路編へ続きます。


バイクのツーリング本はあるけど、飛行機ツーリングは。。。ないよねぇ〜

日本の絶景ロード100選―ライダー必携のツーリングガイド (ヤエスメディアムック 213)
八重洲出版
売り上げランキング: 20335
おすすめ度の平均: 5.0

5 日本屈指の名道

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です