富士川飛行場でエクストラ200アクロバットフライト

ホントは、「エアロバティックス」っと書きたいところですが、、、
EXTRA200@Fujigawa AP

EXTRA200

久しぶりにフライトネタを。。。
クラブメンバーのMさんにお誘いいただいて静岡県、富士川飛行場にあるJNACさん( Japan National Aerobatic Club : http://www.jnac-acro.com/ )を訪問してきました。
JNAC : http://www.jnac-acro.com/index.html

http://www.jnac-acro.com/index.html

JNACさんは、エアロバティック機エクストラ200を使って、本格的なエアロバティックフライトを体験できるサービスを展開されています。

操縦士資格の有無を問わず誰でも本格的エアロバティック飛行等が体験できます!
ハイスペック・エアロバティック機(エクストラ200)を使用した共同オーナーシステム方式の飛行クラブです。
本格的なエアロバティックフライトを自由に出来る環境を構築して、コンペティション参加をも目指す活動を行っていきます。 一方で、体験搭乗や緊急機動訓練、エアショーへの参加といった活動を行っていくことにより、広く一般に航空スポーツの普及ならびに安全向上に努めてまいります。

とのこと。

要は「アクロバット飛行機でフライトを楽しみませんか?」ってお話です。
いいねぇ( ..)φメモメモ
場所は静岡県、富士川の河口付近にある冨士川滑空場(飛行場)。
と言っても車で行ったわけではなく、大利根飛行場からいつものセスナで。。。では無く JNAC のメンバーでもあるK田さんの機体、PA28パイパーウォリアーで行きました。パイパーウォリアー
まぁ、道中は軽く行きましょう。
メディカル(航空身体検査)の切れている私はばりばりパッセンジャーで後席から中継です。
アローでおにぎり

アローでおにぎり


穏やかに晴れ渡った空。
絶好のクロカン日和です。
(この後、強風が吹き荒れるんですが。。。)
風は強いが天気は良い
いつもの通り、離陸は動画で。。。
東京湾の横断は以前と変わらず安全高度で羽田の管制をくぐり抜けます。
今日は南風がものすごい。新D滑走路の本格運用が始まって数ヶ月。遠く羽田空港のトラフィックが見えていましたが、着陸に RW22 と RW23、離陸に RW16R と RW16L を上手に使い分けてました。
一度に4機の離着陸を回しているなんて。。。羽田も立派になったなぁ。。。
海ほたる上空から羽田空港を望む
さて、横浜港を過ぎ、三浦半島を横切ると鎌倉、湘南付近です。
(え?毎度でクドイ?…すいません)横浜港
金沢文庫付近
このあたりも、大島への定期便トラフィックや厚木基地、横田基地のトラフィックが多く注意が必要ですね。
藤沢・茅ヶ崎上空から富士山を望む。。。って写ってない
一応、自宅付近を富士山を含めぱちり!
(って結構ガスがあって富士山写ってないですね。。)
気がつけば圏央道が出来てきてます。
平成24年には八王子までつながるそうで、結構便利かも。。。
相模川河口付近
伊豆半島、箱根越えです。
芦ノ湖と富士山。
富士山と芦ノ湖
だいぶ地震も収まり、富士山もおとなしくしているようなので安心。
駿河湾側へ出てくるともうすぐ現場です。
駿河湾側より富士山
少しずつ高度を落とし飛行場が視界に入ってきます。富士川へアプローチ
本日は南風が強烈な為、RW18へアプローチします。
ん~実は横風がものすごいことになってますが、着陸です。

いやぁ、セルフアナウンスで降りちゃったけど、かなり強い横風。
Mさんも経験豊富だから私は安心してましたが本人曰く「風聞いてたら断念するくらいでしたねぇ」とのこと。
で、エクストラ200さんのお出迎えです。
富士川到着
きれいな機体ですね。
スペックはこちら。。。http://en.wikipedia.org/wiki/Extra_EA-200
エクストラ200
エクストラ200エクストラ200
エクストラ200
ちなみに、訓練中のジェットファイターの卵たちも見学に来ておりました。
エクストラ200with見学の皆さん
惚れ惚れしちゃう感じで見とれてたら代表の小宮さん登場。
ブリーフィング中
元々自衛隊のF15ファイターだったそうで、今は亡きロック岩崎さんの遺志を次いでいる一人ですね。
で、小難しいコワモテのおじさんかと思いきや、非常にフレンドリーで礼儀正しく、スマートで親しみやすい、、と何もかも「持っている」ライトスタッフな方でした。
とりあえず、お客さまが待っていたのでフライトの準備に。
ものがものだけに、きちんとお客さまとプリフライトブリーフィングを実施。
操作についての注意や緊急時の脱出、脱出後の対処法などを説明していました。
で、フライトです。
離陸はこちら↓
離陸後のマニューバは安全を考慮して駿河湾上で実施しているようです。
ちょとカメラで取れる距離ではないので、YouTubeに挙げてある実際の映像をお借りします。


じっと見つめるギャラリー
で、着陸ですね。
という感じでフライトが楽しめてしまいます。
フライトの映像DVDも作成して後で送っていただけるそうです。
いやぁ楽しいかも!
興味のある方はぜひどうぞ。
私も今度は飛びに行きたいと思います。
、、、と思ったら、相棒のMさん、いきなり「いきまーす!」って?!やっちゃうの??
今度はライセンシーが相手なんで、じゃあ、あれとこれとやりましょう!とブリーフィング。
フライト前のブリーフィング

フライト前のブリーフィング

非常時用のパラシュートを装着し、機乗。
5点式のショルダーハーネスでがっちり固定しますが、背面などで体を支えてくれるのは、肩ではなくお股&腰だそうです。
耐Gスーツは着てませんので、頭から血が下がらないように下半身をかなりきつめに固定。
それでも、曲技に入るときに下半身に「ぐ!」っと力を入れてくださいと説明がありました。
行きまーす!

行きまーす!

では!いってらっしゃい!
行ってらっしゃーい!

行ってらっしゃーい!

ちなみにMさんのインプレッションはこちら↓
空の公差「富士川滑空場へいってエクストラに乗る!」
http://soranokousa.dreamlog.jp/archives/1468417.html

というわけで、なかなかすばらしいことをやってますね!
日本でこんなこと出来るのはここしかありませんね。
さぁ!今すぐチェック!&ライド!

———-

とりあえず機体購入からですかね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です