計器飛行訓練@クリスタルリバー

ドラさん
計器証明を取得予定とのこと、それではクリスタルリバーで実際に訓練を始めると・・・・
仕様機体C172
計器はGarminGNS430が装備されている古い機体、GNS430のセットの仕方を知らないと飛ぶことができないね。コンベンショナルな計器を搭載した機材を使 用するのか、この辺で飛行時間も大分違ってくるはず。GNS430を使いこなすには相当の時間が必要です。私はJeppesen Flight Deckを使用しています。毎日帰宅するとTablet PCのFlight Deckを弄繰り回しています。
それではまず最初のスタートとして。
出発空港:Crystal River KCGC VFR
到着空港:OCALA KOCF IFR
飛行方法:出発はVFR到着はIFR、ILS RWY36
DEPARTURE CONTROLはGAINSVILLE DEPARTURE 118.6
教官はGAINSVILLEのコントローラをシュミレートします。離陸の準備が整ったところで教官が:Departure Routeをコピーするように依頼してくる。
Gainsville Departure:C172, N5265E Are you ready to copy?
本ちゃんは通常VFR空港だから離陸した後Gainsvilleにコンタクトする。例えばGainsville Deparuter C172 N5265E最初のイニシャルコンタクトそしてN5265E Depart from Crystal River Potision inbound Ocala VOR020 at 1200 feet, clim to 2200 feet, Destination KOCF.
それでは教官のシュミレーションのデパーチャルートをコピーします。
Pilot:N5265E ready to copy!
Instructor: N5265E Clear to OCF, Vector ILS Rwy 36, Climb to 2200 feet Heading 090 Sqawk 1200.
Pilot: N5265E Clear to OCF.Vector ILS Rwy 36, Climb to 2200 feet, Heading 090, Sqawk 1200.
Instructor: Read back correct.
VFRで離陸したから最初のルートは2200フィートまでVFR、レーダコンタクトされたらあとはVectorだからコントローラの言われるままOCFのILS Rwy36に約30度の角度ででインターセプトするようにアサインされる。
Clear to intercept ILS Rwy36といわれたらGarmin430の画面みてinterceptする、OCF Towerにコンタクトして, N5265E tEstablish ILS Rwy 36、その後はコンベンショナルの計器、HSIを確認してアプローチしてください。地上が霧で見えないとしてRWYのDHの箇所で見えないと仮定してGo Aroundをかけます。Towerにコンタクト、この時点でGarmin430のMised Approachのルートを見てそのグラフィックで表示されたルートの絵の上をとべばいい。
・・・・・ということで今日はこれまで。

KH

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です