プリフライトチェック – Preflight Check

プリフライトチェック (C172)

意外となんとなくやっているのではないかな?本気でプリフライトしないと、

1)オイル量を確認した後よくふたを閉めていないからタクシー後ホールデイングポイントRWYでオイルのふたが開いてしまった。

2)トウバーをつけたままエンジンかけてしまった、幸いトウバーとプロペラーの間が数センチ空いていたからよかったもののもしトウバーをけってしまったらプロペラー損傷で最低数千ドルの損害になるところ。

3)オイル量確認の後オイル量確認のデップステックをよく締めていないからオイルが噴出す。

4)テール側の駐機ロープを外さずに重しをつけたままタクシー、タワーからそれではテイクオフ出来ませんよ・・・なんて言われてた。

5)ドアーを良く締めずにテイクオフ・・問題はないが・・・よく確認せずにテイクオフするのは良くない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です