え?東京湾一周クルーズぅ?

東京湾を一周してきました。。。船でf^_^;) あはは。。。
いやぁ、今日も快晴です。ほんとはフライトしたい気分。。。
知り合いのオーナーに誘われて、浦賀駅朝八時集合、九時出航です。
お世話になったのが浦賀にあるマリーナ「マリンポート・コーチヤ」さん

やっぱり、船の方が華やかですね。
海図を見ましたが、航空図と比べるとスケールが若干違うんですね。船の速度別に色々な縮尺があるようです。
http://www.jha.or.jp/jp/jha/charts/
海図のはなし / 財団法人日本水路協会

障害物になる物が海の中なんで、それらの記号やらなんやらが書いてあるんだなぁ、、と。これは、ヨット用で55万分の一でした。
こちらは、出航届け。といってもクラブに出すだけみたい。エンルートは地図に直接エリアをざっくり書く感じでした。

ここら辺は近いうち勉強部屋に反映させたいですね。
時間通り出航。

船は陸上で駐船してあるので、それをクレーンで降ろすんですね。
これなら船が傷まなくて良いそうです。
浦賀を出てすぐに東京湾内へ向かいます。
すると最初にお目にかかるのが、湾内唯一の島、「猿島」
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/猿島?wasRedirected=true

現在は我々のようなプレジャーボートは接岸できないそうで、渡し舟がでているそうです。
以前空からとった写真です。

この写真のフライト「JA3612(セスナ)で大島(って定期便かっ!)」はこちら
いい天気です。横須賀のうみかぜ公園。
みなさん岸壁で釣りしてます。釣り人口の多い事。。。
八景島沖までやってきました。
ここら辺にも風力発電プロペラが。。。

東京湾沿いにはだいぶ増えました。
今度特集しよう。
さあて、横浜港見えてきました。
ベイブリッジが見えてきました。



山下公園付近「タイクーン
http://www.tycoon.co.jp/

20年位前、スキーの帰りにきたな、、、f^_^;)
船が3隻迄駐機?駐船?できるそうで、予約するんだそうです。
隣には日本で最古のヨットメーカ/横浜クルージングクラブ(岡本造船所)です。
で、横浜港エリアですね。
ここら辺は水上バスがじゃんじゃん走ってますので、これらの写真と同じ風景が楽しめます。


さて、大黒ふ頭から京浜運河を北東に進み芝浦/羽田方面へ向かいます。

羽田沖です。多摩川河口付近です。

新滑走路を建設中ですね。
埋め立てる部分と舞台の様に海上に浮いて居る部分があるんですが、なんででしょう?
ランウェイは04/22でしょうか?
(滑走路の向きが、北から40度、220度という意味です。)
ウィキペディアをみて見ましょう。
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/東京国際空港?wasRedirected=true
おーっと、05/23でしたね!
B滑走路(04/22)と並行じゃない、、、まあ、たったの10度ですけどね。
ランウェイの延長上に浦安市があり、騒音の関係で文句があり変更したんじゃないかな?
桟橋と埋め立てのハイブリッドなのは、多摩川の河口があるためだそうです。

C滑走路側に廻るとランウェイ5のアプローチライトの部分が海上に延びています。
夜になったら綺麗だろうねぇ
さて、船はC滑走路沖を抜けお台場方面に。
船の科学館が見えてきました。

科学館の横にいるオレンジの船は、南極観測船「宗谷」ですね。ちっこいな。
以前紹介した後輩南極観測船「しらせ」の話はこちら… http://flyingarrows.aero/notam/1676.html
レインボーブリッジからお台場に回り込みます。

フジテレビホテル日航東京でした。
ほんとはたくさん人がいたんですが。。。あんまりわかりませんね。
レインボーブリッジを抜けます。

と見えてくるのは晴海埠頭勝ちどき橋築地界隈

ここら辺は昔勤めていたオフィスがあり、懐かしいところです。

築地市場から浜離宮へ侵入?

東京タワーも見えますね。
タワーの話はまた後で。。。
月島から豊洲を抜け辰巳から湾内へ戻ります。満潮に近づいて、水位が上がって居るそうで、慎重に橋の下をくぐります。
ここら辺から新東京タワー「東京スカイツリー」の先っちょがちらちら見え始めました。

近すぎるので他のビル達で良く見えませんが、、、
時間が押しているとの事で、葛西、浦安~ディズニーランド付近は通過中
ふと振り返ればスカイツリーがしっかり見えてきました。離れた方が見えるのだな。

空から見たときの記事はこちら。
http://flyingarrows.aero/inflight/2009.html
途中、海ほたる / 東京湾アクアラインを通過します。


海ほたるも上から撮ったな。
その時の記事はこちら http://flyingarrows.aero/inflight/720.html
最後は、木更津のマリーナで食事休憩。
美味しかったです。
ここは木更津駐屯地があり、グライダーのクラブかな?ウインチ曳航の機体がひっきりなしに揚がっていました。こんなところでやってるとは知らなんだ。。。

羽田のR/W34のファイナル直下なんですよね。

と、言う訳で、後は浦賀まで直行。
船長さんに色々話を聞きました。
出航後暫くは「凪(なぎ)」の時間帯だったらしく、かなりスムースだったんですが、
午後は南風が強まりかなりの波になりましたが、ほんとに酷い時は数メーターの波で大変だそうです。
東京湾では、地形と波の関係があって、風上側に陸上がある場合、そこに近い時はあまり揺れない、逆に陰から出てしまうと揺れ始めるとのこと。
まさに浦賀側に出る時だったんですが、波の高さがガラッと変わるんですね。イキナリ揺れが変わってびっくり。
当然、風下側の陸地付近は波が高いそうな。

長旅おつかれさまでした!


お世話になった「マリンポート・コーチヤ」さんの詳細はこちら

飛行機も乗りたいけど、船に乗りたくなった方は、この参考書がおすすめです。
結構飛行機にも役に立つ話が書いてあります。
では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です