どうやってなるの?

で、どうやってなるかということですが、、

私が免許を取ったのが1998年です。

で、その後いろいろな人に「どうやってなるの?」と聞かれるんですが、その意味には2種類あるなってことが判ってきました。

一つは、「免許はどうやったら取れるの?」です。

技能証明書あれこれ

もう一つは「どうやったら(職業)パイロットになれるの?」です。

Nilton@PC-12

Airliner

まあ、前者はいわゆる資格として空を飛ぶためにはどうしたらいいのってことでしょう。でも、後者はプロパイロットとして働きたいんですけど、どう やったらいいんですか?って話。これも、2種類いて、純粋に空をいつも飛びたいので、というのと、どうやら給料がいいらしいからなりたいってやつ。給料の話は、これはこれで立派な理由なんですが、みんな動機が不純だっていうんだろうなあ。。。でも、こういうタイプの人は、なれなきゃなれないでいいんで、今回は割愛。ちなみに、メジャー(エアライン)へ行った最近の人たちに話を聞くと、給料はかなり下がっているみたいですね。

さてそれでは、まず初めにどうやって免許を取るの?って話です。

皆さんは、どうやって車の免許を取りますか?

そうそう。教習所に通いますよね。どこか教習所に入って教えてもらいなさいってのが答えになります。ほんとに免許を取るだけの目的ならば、まずは自家用免許を取りましょう。(あ、、、いきなり事業用免許とるやつぁいないか、、、というかとれないね。)

これは、日本の免許。
JCAB Pilot Certificate
これをとるためにいったい幾らかかったんだぁ(ToT)/~~~
これが、アメリカの免許です。

表面
FAA Pilot Certificate FACE

裏面
FAA Pilot Certificate BACK
ライト兄弟がいかしてるでしょ?
昔は、紙のぺらぺらだったんですがねぇ、、、
おっと、そのまま紙の方!
プラスチックの免許に交換しないと、免許が無効になってしまいますよ!

こちらを参照 > http://flyingarrows.aero/?p=752

その他、オーストラリア、フィリピン、ドイツ、中国など後ほど。。。

さて、あなたはどこで取りますか?

上記免許は、みんな日本人が出かけていって取ってきたものです。なんでこんないろいろな場所で免許を取ってきたんでしょうね?それには理由があるんでしょうか? それぞれの違いについては、また後日。。。

もう一つ!自動車でも、公認、非公認ってあるじゃないですか?あれと同じように、パイロットの訓練でも公認校と非公認校があります。ま、日本でこの区別があるかって言うと、、、ないという感じですが、あえて言えば、独立行政法人になった航空大学校でしょうか?入学試験もあるしね。

航空大学校ホームページ

ほかにも、最近のパイロット不足のトレンドから公認っぽい感じで大学や専門学校的な学校が増えてきていますが、でもここはプロを目指す皆さんが集まりますので、自家用の方は行きませんね。

桜美林大:アリゾナ州立大と提携。JAL提携
http://www.obirin.ac.jp/002/a025r.html
東海:ノースダコダ大と提携。ANA提携
http://www.u-tokai.ac.jp/diverse/pilot.html
崇城:熊本空港内に設置
http://www.sojo-u.ac.jp/site/view/contview.jsp?cateid=38&id=868&page=1
法政:福島空港。。。ん〜
http://www.hosei.ac.jp/news/shosai/news_438.html
帝京大:ヘリパイーアルファエビエーションと提携
http://www.teikyo-u.ac.jp/applicants/science/science/universe_faculty/index.html
千 葉科学大:自家用ー本田航空@桶川
http://www.cis.ac.jp/information/introduction/crisis/air/index.html
東京工学院専門学校:Simで訓練まで。あとは自力
http://www.technosac.jp/course/eng/engineer/aerial/
日 本航空大学校:能登空港あたりで訓練できる??
http://www.jac-w.jp/

まあ、学校は入ればプロパイロット直結と勘違いする方は居ないでしょうけどね。。。
まず免許が取れるかどうか、それから適性があるかどうかって話。
ん?逆か。。。

では、単純に自家用免許が欲しいって方はどうすればよいのでしょうか?

そう。とにかくどこか訓練をやってくれる学校に行くんです。

とりあえず、ご紹介してみましょう。

関東地方ですが、茨城県の利根川河川敷に、「日本モータグライダークラブ」(JMGC)という団体があります。

日本モーターグライダークラブ

学校の看板はあがっていませんが、それがまたいい。。。とりあえず海外に行かないで、日本でどんなものかな?って気軽に話を聞きにいくだけでも良し。ちょっと体験してみたいも良し。相談しにいくにはうってつけの場所ではないでしょうか?きちんと教証(教官の免許)を持った方がごろごろ(笑)いますので、いろいろな話が聞けますよ。アメリカから帰ってきたライセンシーもたくさんいますし、ペーパーパイロットの方にもお勧めです。

日本各所にこのような場所がごろごろあればいいのですが、、、意外と無いらしいんですよね。そのような情報は、日本全国に散らばったエージェントから入手して随時アップします。

で、本場(?)アメリカなんですが、9.11以降本当に免許とりに行きにくいって評判がついちゃいましたね。でも、面倒ですがちゃんと手順を踏めば今でも問題なく(楽しく)訓練が可能です。先述の公認校で言うと、FAR-Part 141(航空法です)に指定された学校がたくさんあります。後は非公認の学校。それから、教官が自家用機を使って(借りて)訓練してもらうって方法もあります。

わたしも、2004年頃にここ「ズーマーフライングクラブ」でグライダーのコマーシャル(事業用)免許を取りました。

ズーマーフライングクラブ

ここは日本人CFI(教官)の和泉国彦さんが一人で教えています。

アメリカ現地のスクールの価格と変わりません。ただ、何でも世話をしてくれるちまたのフライトスクールではないので、自分で勉強したり、生徒同士で教え合ったり、なんて普通のことができないと、いつまでたっても進まないなんて話になります。

彼自体は、元々日本の事業用パイロットですので、日本の飛び方もあわせて教えてくれます。また、日本の使用事業会社(航空会社)からも訓練委託の依頼があったりしますので教え方について非常に知識を持っています。主に訓練は、各大学の航空部(グライダー)の生徒がメインで、グライダーの訓練をやっています。飛行機や、ほかの訓練も可能ですが、繁忙期がメインですので、その場合、飛行機などはアメリカ人教官になる場合もあります。ですので、ちょっとアメリカ渡航の経験があるから往復は自分でできます、とか、日常生活で必要なことは自分でやります。などなど、やる気と気力がある方にはおすすめです。けっして難しい話じゃないんですが。。。生徒OBは、日本全国に散らばって飛んでいます。そういう人たちと日本で飛ぶことも可能です。

では、ある程度きちんとアメリカで訓練して免許を取りたいな、という場合はこちら「フォックスエアロ」はいかが?

フォックスエアロ

こちらはこの4月からスタートするスクールです。フロリダは、クリスタルリバー空港でPart 141のクリスタルエアログループのスクールと提携し、現地事務所で訓練を実施します。アメリカに現地法人があり、現地にて日本人インストラクターの秦さんがメインで常駐。日本人が苦手な英語(ATC = 航空無線)の訓練もあわせて実施。きちんとした訓練を行います。

それはまた次回に。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です